スマートフォンメニュー
>home>包茎治療

当院の包茎治療

当院の包茎治療は保険適用外となります。保険治療では対応が難しい、治療後の審美性・傷あとが極力目立たないといった術後の生活に留意した治療を行います。始めに十分なカウンセリングを行い、状態によっては保険が適用される医療機関での診察をおすすめする場合もあります。施術は当院での治療におけるメリットとデメリットをお伝えして、十分にご理解とご納得をいただいたうえでのみ行います。施術を強要することもありませんので、カウンセリングを受けられてからゆっくりご検討ください。

実際の治療においてかかる費用はカウンセリング時にお伝えし、事前の了解なく追加の請求をすることや施術中に金額が高くなるオプションをおすすめすることはありませんので安心して施術に臨んでください。

包茎の種類と特徴

真性包茎

特徴

通常時も勃起時も皮がむけず、無理やりむこうとすると痛みを伴う

真性包茎を放っておくと亀頭の発育を妨げ、「先細り」 と呼ばれる症状を引き起こす場合があります。生活面では亀頭にアカがたまったり精子が包皮内に溜まったりすることで異臭を発生しやすく、また性交渉時に痛みを伴い不感症になる場合があります。
注意が必要なのは「包皮炎」 等の感染症を引き起こす場合やウイルス性のコンジローム等の性病になりやすい点などがありますので、診察だけでもを受けられる事をおすすめします。

カントン包茎

特徴

皮が元に戻らない・激痛を伴う

カントン包茎は、常に亀頭が包皮に締め付けられている為痛みを伴うことが多く、悪化すると勃起時・通常時に関わらず何も出来ない状態にまでなる可能性があります。無理に包皮を元に戻そうとするとが切れてしまう事があり、その傷から菌が侵入すると大きく腫れ上がる為さらに強烈な痛みが発生します。
もっとも恐ろしい症状としては、放置し続けると亀頭部分に血が通わなくなり、血行不良が原因で亀頭が壊死 (体の組織や細胞が部分的に死んでしまう事)する場合があります。症状が思い当たる場合は、早急な診察をお勧めします。

仮性包茎

特徴

通常時・勃起時に関わらず簡単に皮を剥くことが可能で痛みは感じない

日本人の包茎の多くがこの仮性包茎で、、そのほとんどの方が「仮性包茎なら大丈夫だ」と甘く見ているのが現状です。悪化すると勃起時・通常時に関わらず痛みを伴うこともあり、また、亀頭が皮に覆われている事により、敏感になり早漏を引き起こすこともあります。包皮と亀頭の間の通気性が悪くじめじめとした状態が続くと、雑菌の増殖やアカがたまることで、ウイルス性のコンジロームという性病にかかりやすくなります。

治療方法について

特殊複合曲面切開法

美容外科的技術を用いた、審美的なご要望に応える治療法

亀頭の直下 (直ぐ下) にて複合形成術を施します。個人差のある亀頭の形状 (局面) に沿って粘膜部分に精密かつ丁寧にメスを入れる難易度が高い術式のため、治療時間は長くなりますが治療跡が目立たない治療法です。一般的な治療のように縫合部前後がツートンカラーになる心配はありませんので、周囲に気づかれる事なくお悩みを解消します。この治療は熟練した技術と経験・センスを持つドクターだけが可能とする術式で、当院はこの術式をメイン治療としています。

メリット 傷跡(治療跡)が目立たない。
性感を損なうことがない。
デメリット 施術時間が若干長い。
熟練の経験と技術が必要とされるため治療できるドクターが少ない。

環状切除法

一般病院および個人医院の泌尿器科で行われている一般的な治療方法で、多くの男性美容外科でも採用している方法です。それほど技術的に困難ではないので、他院では研修医が手術を行うこともあるようです。施術時間は短くすみますが陰茎の中央部をまっすぐ切開するため、色が中央からツートンカラーに変わってしまい、平常時でも治療の形跡はどうしても目立ってしまうデメリットがあります。

メリット 施術時間が短い。
デメリット 陰茎の途中で切開するため、ツートンカラーになり不自然な仕上がりになる。
傷跡が目立ち治療形跡が目立つ

根部切開法

陰茎の根本で切開する術式です。縫合部位は陰毛に隠れるため目立ちません。ただし体幹と陰茎との皮膚の質感が違うため、陰毛の濃さにより境目が目立つ場合があり、また、陰茎の裏側には陰毛がないため、傷跡がわかります。皮の余りが多い人や、カントン包茎・真性包茎の方に対して、この手術方法は最適ではありません。

メリット 傷跡が陰毛に隠れるため、手術をしたとわかりにくい。
デメリット 陰毛の生えていない部分(裏側等)からは傷跡が目立つ。

費用について

施術料金 包茎治療 120,000円(税別)

※麻酔代は上記価格に含まれています。
※術中や術後に料金が変わることはありません。
※当院の包茎治療は公的保険は適用されません。

麻酔について

当院では無痛治療を実現する為、一人ひとりに合った複数種の麻酔をご用意していますので、痛みに非常に敏感な方でも安心して施術を受けられます。麻酔費用は治療費にふくまれており別途発生することはありません。

笑気ガス麻酔

歯科医院などで使用される人体には無害のガスを吸入していただく麻酔です。次段階の痛みを緩和します。(ご希望の方のみ処置)

神経ブロック麻酔

根本から亀頭にかけて走る神経を完全に麻痺させます。これにより亀頭部分の痛みがほぼ無くなります。

局所麻酔

施術の直前に行う麻酔です。これにより完全に亀頭や陰茎からあらゆる感覚が麻痺するため、無痛での手術が可能となります。

治療後について

シャワー 治療当日から可能
入浴 治療3日後から可能
消毒 1日1回(術後1週間は行って下さい)
抜糸 不要(自然に取れる糸と手術方法を採用している為)
通院 不要(ただし不安がある場合はお気軽にご来院下さい。再診料等は一切不要です)
入院 不要(日帰り治療となっております)
治療時間 30分~1時間程度(個人差があります)
性行為 術後3週間後から可能
マスターベーション 術後3週間後から可能
福嶋美容外科クリニック
日祝日診療
個別待合室
クレジットカード対応